ハワイ旅行記 3日目 その3

 
2014年2月16日から2月21日まで、ハワイに行ってきました。 その記録です。


前回、水曜日の夜にファーマーズ・マーケットがある、と書いてしまったのですが、火曜日の夜でした。すみません。。。
こちらがKCCファーマーズ・マーケットの夜版のHPです。

ファーマーズ・マーケットはKCCが有名ですが、他にも何箇所か違う曜日に開催されていたりするので、日程に合わせて行ってみるといいかと思います!
 
 
さて。
 
ファーマーズ・マーケットでお腹を満たした後。
 
妹が、海岸沿いのホテルの中にあるお店で買い物がしたい、と言うので行ってみることに。
またまたトランスファーチケットを使って、動物園近くのバス停まで行きます。
 
 
sunset-1
 
ワイキキは、街中をちょっと外れると、すごく綺麗な芝生の広がった広場や公園が至る所にあります。
 
 
sunset-1-2
 
中に絶対何か住んでるわ!とか、どうやってこの根っこのようなモノが木の幹になっていくのか・・・とか、姉妹で話題騒然だったでっかい木。
こんな木がイッパイありました。
日本の感覚で行くと、すごい樹齢が経ってそうですが、ハワイだと意外とグングン育つのかなあ・・・と思ってみたり。
 
 
sunset-1-3
 
ハワイ!と聞いて、誰もが思い描くであろうイメージ。笑
でも、雲がまだ多めでした。
 
 
そして、無事、買い物を済ませた後。
 
ちょっと距離がありますが、散歩がてら、海岸沿いを歩いてホテルまで帰ることに。
 
 
その途中で、忘れられないような綺麗な日没を見ることができました。
 
 
sunset-1-6
 
海岸には人がチラホラいて、犬を連れて散歩している人も多かったです。
ここで飼われている犬は幸せだよなあ・・・
 
 
sunset-1-5
 
シルエットでしか見えませんが、サーフィンのボードの上に立って漕ぐようなスポーツ?をしている人をよく見かけました。
ぶっちゃけ・・・それ楽しいの・・・?と思わずにはいられなかった・・・
 
 
sunset-1-4
 
sunset-1-7
 
隣にいたおじさんが電話で「Beautiful Sunset!」と誰かに報告していました。
本当にビューティフル!
皆、座って夕日を眺めていて、ゆったり時間が流れているのが実感できた時でした。
 
 
sunset-1-8
 
陽が沈んだ後は、プラプラと海岸を歩いてホテルへ。
真ん中に見えるピンクの建物が泊まっていたピンクパレスです。
 
 
そしてホテル到着後。
 
中途半端な時間にピザやら食べていたので、ガッツリごはん、というお腹でもない。
 
ということで、ホテルに併設のショッピングセンターの中にある、チーズケーキファクトリーでケーキでもテイクアウトして部屋で食べようか!ということに。
 
ここ、チーズケーキと銘打ってはいますが、ハンバーガーやサンドイッチなどボリューミーなお食事もできるレストランのようで、食事の時間には、常にものすごい人が待っていました。
ただ、テイクアウトのケーキだけなら、待ちナシで購入可能。
 
 
sunset-1-11
 
店に入るとまず目に飛び込んでくるのが、このアメリカ~ン!なケーキのショーケース。
これこれ!これですよ!
 
 
sunset-1-10
 
メニューはこんな感じ。
一口にチーズケーキと言っても、色んな種類があります。
当然、迷いまくり。笑
 
 
sunset-1-9
 
ショーケースの上に乗っていたコチラのケーキもすごい迫力でした。
 
 
そしてどれにするか散々悩み。
私はシンプルなオリジナルチーズケーキにしよう!と押したんですが、妹のそれはつまらなすぎる!という意見にも納得してしまい・・・
 
ハワイ初日だったら、間違いなく、じゃあ2個買おうか、となっているところですが、数々の失敗を繰り返してきた我々は、同じ過ちはもう繰り返さない!
 
ということで。
 
アニバーサリーチョコレートチーズケーキ(正式名称は不明)というのを、なんとなくアニバーサリーって言っておけば通じやすいだろう!という判断の元、1カット注文。
 
 
sunset-1-12
 
どーん!
 
持ってくる間に倒したのではありません。
 
デカすぎて、テイクアウト用のトレーに立てたまま入らなかったので、横倒しにされてきたのです。
 
お味は・・・
 
うん。すごく美味しい!!
 
チョコレートの甘さの後に、チーズケーキのほのかな味がして、イケます!
 
 
でも、やっぱり多すぎた。。。
1個を2人で食べたのに、二人とも、その半分くらいでフォークの進みがものすごくゆっくりに・・・笑
 
 
ちなみに買う時に、後ろに日本人の女の子たち4,5人のグループがいて、「一人一個いけるよね?」「余裕余裕!」とか言っていたのが聞こえたのですが、彼女たちは今頃どうなっているんだろう、と知らない人の心配までしつつ。
 
ちょっと胃が気持ち悪い状態でベットについた3日目の夜でした。