ハワイ旅日記 3日目 その1

 
2014年2月16日から2月21日まで、ハワイに行ってきました。 その記録です。


これ、終わるの・・・?って感じになってきましたが、3日目いきます!
 
 
3日目の朝ごはんは、前夜、Island Vintage Coffeeで買っておいたベーグル!
昨日と同じように、海の見えるテーブルでいただきます。
ですが、残念ながら写真がありません。。。
 
 
この日は、快晴とまではいかないながらも雲も薄くなり、時々、お日様が覗く、そんな日でした。
暑くもなく、もちろん寒くもなく。
 
一度は行ってみたいと思っていた場所、パール・ハーバーへ行ってきました。
妹は、以前にハワイにいた時に行ったことがある上に、買い物し足りないとのことで。笑
初の単独行動です!
 
 
かなりドキドキしながら(そしてGoogleMap様に最大限にお世話になりながら)バスに乗り込みます。
ハワイのバスは、TheBusというんですが、一回2ドル50セントでどこまでも乗り放題。しかも、トランスファーチケットを貰えば、乗り換えもタダで乗れます。なんて親切なんだ・・・!
 
で、ワイキキからバスに揺られること1時間ほど。
 
ParlHarber-1
 
パール・ハーバーに着きました。
米軍基地があるんですが、ミュージアムにもなっています。
 
さすがに基地なだけあってか、中に持ち込める持ち物が、財布・カメラ・携帯・水、のみ。
他の荷物は全部、預かり所のようなところにお金を払って預けなければなりません。
前情報は得ていたので、財布とかだけを入れる小さめのバックも持って行っていたんですが、バックの持ち込み自体がダメだそうで。全部ポケットに入れるか、手で持って行くことになるので、大きめでポケット沢山の上着を着ていくことをオススメします。
 
 
さて。
 
単純にパール・ハーバーと言っても、ここは見る所がいくつかあります。
しかもそれぞれが別の団体が管理運営していて、別団体の所はしらないわー、とばかりにサイトも別々、中に実際に入ってもチケットも別々だったりするので、ちょっと分かりにくいかもしれません。
 
荷物を預けた後に見れるところは、
 
・アリゾナ・メモリアル
 真珠湾攻撃で沈んだ戦艦アリゾナが当時のままに残っています。その戦艦の上に作られた慰霊碑。沈んでいる戦艦の一部を海上から見ることができます。
 
・戦艦ミズーリ見学
 戦艦ミズーリに実際に乗って見学できます。ミズーリは、第二次世界大戦の降伏文書が調印された戦艦。しかも湾岸戦争にも出撃したというから、どんだけ働いてるの・・・という船です。
 
・潜水艦オクラホマ見学
 第二次世界大戦で使われた潜水艦オクラホマが見学できます。USSボーフィン博物館では、潜水艦の歴史などが見れる。らしいです。
 
・パシフィック・アビエーション博物館
 戦闘機の格納庫を改造して作られた博物館。B-25やゼロ戦が展示されています。
 
と、こんな感じ。
全部、見ようと思ったら丸々1日かかると思います。
 
しかし、この日は午後からは妹と合流して別の予定アリ。
私に許された時間は2時間ほど。
となると、見学できるのは、急ぎ足で2つ。しかし、チケット売り場が混雑していて、どうも1つで時間いっぱいになりそうな予感です。
 
で、悩んだ末、やはりパール・ハーバーに来たからには、歴史的に意味のあるモノが見たい。
 
ということで、アリゾナ・メモリアルを見学することにしました。タダだったし。
 
 
アリゾナ・メモリアルは海の上に浮かんでいますので、ボートに乗っていきます。
の前に、20分ほどの映画を全員観せられます。
パール・ハーバーで何があったか、当時を実際に経験した人が語る・・・というよくあるようなドキュメンタリー。
 
なんですが・・・
 
なんというか、やっぱりここは日本人の方、少ないんですよね。。。
映画を観ると、当然、アメリカ側から書かれています。というか奇襲した事実は事実で、その攻撃を受けた方々の悲惨さは本当に語り継がれなければいけないんですが・・・本当に、映画見終わった後、日本人ですいませんでした・・・という気分になってきます。。。
 
かなり重苦しい雰囲気で、船へ。
 
ParlHarber-1-2
 
船内見ても、欧米の方が多い。
 
普通なら、「船!ひゃっほーい!」となるところですが、静かにしてました。
 
 
ParlHarber-1-3
 
あ。でも、途中で見えた停泊しているっぽい戦艦?はバシャバシャ写真撮ってました!
 
 
ParlHarber-1-12
 
ParlHarber-1-5
 
数分でアリゾナ・メモリアルへ。
すごく特徴的な建築物です。メモリアルに相応しい。
 
 
ParlHarber-1-11
 
内部。
天井も特徴的な造形で切り取られています。
上陸してきた人たちと、帰る人たちがいて、この時はかなり混んでいました。
 
 
ParlHarber-1-6
 
海上に出ているアリゾナの一部です。
結構、生々しい。。。
 
 
ParlHarber-1-7
 
結構なお歳の方が何名かみえて、その方たちがレイから海に花を手向けていました。
その花びらが、沈んでいる船体の上を流れていきます。
 
 
ParlHarber-1-10
 
アリゾナからは未だにオイルが漏れだしているようで、海面が光っていました。
 
 
ParlHarber-1-9
 
オイルと、奥に見えるのが戦艦ミズーリ。
 
 
ParlHarber-1-8
 
建物の一番奥の壁には、戦死した方の名前が壁一面に書かれていました。
アリゾナの中には、まだ何百人かの方がそのまま眠っているそうです。
 
 
といった感じでして。
 
かなーりフラフラになって帰りの船に乗って戻ってきました。
実は、長崎の原爆資料館を見た後も、フラフラになってしまったんですよね。。。
同じ感覚でした。
 
ハワイに行って、決して楽しんでみる所ではありませんが、一度は見ておくべきだと思います。
やはり、こういったことは、日本からだけ、とか、アメリカからだけ、とか片面から見ていてはダメだと思うんですよね。
かなり、居心地悪かったですが、今では行ってよかったと思っています。
 
そんなこんなで午後編へ。
 
 
あ。最後に!
 
ParlHarber-1-13
 
遠目からの潜水艦オクラホマ。
決して軍オタではないんですが、戦闘機とか戦艦とか潜水艦は好きです。艦これも好きです。
 
時間があったら、他もゆっくり見てみたかったー。
重たいところは今回見たので、次回のお楽しみとします! 
 
 
今度こそ本当に、続く。