TumblrでInstagram表示ページを作ってみた

Instagramってすごい便利で、TumblrにもTwitterにもFacebookにも同時にシェアできるんです。なので、今までiphoneで撮った写真はInstagramにアップしてました。
 
が、TumblrでInstagramの写真をそのまま表示すると、最大解像度の640×640で表示されるんですよね。大きくていいと言えばいいのかもしれないけど、私としてはもうちょっと小さく表示して欲しいな・・・と常々思ってました。普通に一眼で撮った写真よりでっかくなってしまうので。
で、試行錯誤してたんですが、とりあえず、普通にTumblrのブログページにそのままシェア表示するのは諦めた!いや、方法はあると思うんですよ。ちゃんとTumblrとかHTMLとかJavaとか・・・勉強して表示できるようなプログラムは組めるハズ。でも、そこまでの時間も気力もないので、ちょっと日和って、Instagram専用のページを作ってみました。右上のメニューから行けます。
 
ちょっと調べてみたところ、Instagramの写真をブログに埋め込む方法はいくつかありまして。良さそうだなーと思ったのが、以下の2つ。
 
 
1.Rss.stagram + 複眼RSSを使う
 
Rss.Stagram
複眼RSS
 
最初、コレだ!って思いました。
やり方もすごく簡単。
 
Rss.stagramでは、InstagramのRSSを20件分取得することができます。ユーザー名を入れるだけ!
で、そのRSSを使って、複眼RSSで表示するブログパーツを生成できます。
タイルの角を丸くしたり、大きさを変えたり、オンマウスでテキストを表示させたり、かなり色々とカスタマイズできて、オサレな感じに出来てすごくいいなーと思っていたのですが・・・もう95%くらいコレで行こう!と思っていたのですが・・・
 
ヤメタ理由は、タイルを一度クリックしてInstagramのページに飛んだ後、そのタイルが広告表示なるんですよね・・・
別にそんなに目立つ広告ではないので、気にならない方は全然いいと思うのですが、自分は気になってしまった・・・!本当すいません。無料で使ってるのに。
 
でも、もう気になってしまったものは仕方がないので、別のを探してみました。
 
 
2.SnapWidgetを使う
 
SnapWidget
 
で、見つけたのがコチラ。
 
これは、自分のアカウント名を入れるだけで、貼り付け用のブログパーツを生成してくれます。
カスタマイズも結構できて、タイルのみにしたり、大きさ変えたり、テキストも表示させたり、スクロールさせたりもできます。Pro版にして少しチャージするともっとカスタマイズできるみたいですが、今のところはコレで十分かなーと。
 
ちなみに、一例はこんな感じ。
 
■スクロール

 
■スライドショー

 
自分は一覧ページにしましたが、上みたいなスクロールとかスライドショーだったら、ブログのトップページのどこかに埋め込むのもいいですよね。というか、それが本来の使い方かも。
 
あと、こちらだと最大60件分まで取得できます。そんなに取得しても・・・とも思いますが、タイルのみの一覧ページ作るなら多くてもいいのかもしれません。
 
 
というワケで。
 
こちらのブログメインページの方にInstagramからの写真をシェアして表示はさせずに、専用ページにまとめました。興味ある方がいれば、たまに覗いてみて下さい。Instagramの方でのフォローもお気軽にー!