ロゴスキー(ロシア料理)

25年ほど前、子供の頃に連れて行ってもらった記憶がうっすらとあったお店、ロシア料理の「ロゴスキー」。当時はまだあまりロシア料理というものが一般的ではなかったのか、ピロシキやシチューをパイ皮でつつんでオーブンで焼いたキノコの壺焼きなどなど、変わった料理でとても美味しかった記憶がありました。

で、先日、久々に行きたいねーと母親と二人で訪れてみたのですが、定休日・・・。自分の定休日当たりの確率はかなりのものです・・・。

そんなワケで行けていなかったのですが、本日はちゃんと定休日じゃないかを調べて再チャレンジ。名古屋駅から徒歩5分くらいの第五堀内ビルディングの4Fにあります。

店内はやや薄暗い感じ。

ボルシチ・ピロシキ・パンorライスのランチもありましたが、キノコの壺焼きがついていなかったため、上記メニューにキノコの壺焼きがついたAコースをオーダー。

まず出てきたのが、ボルシチとパン。続いてピロシキが。

ボルシチとパンは、これと言って絶賛ポイントがあったわけではなかったのですが、普通に美味しくいただきました。

そして、ピロシキはやっぱり美味しい!記憶の中ではカレーパンのように衣がギッシリだったような気がしたのですが、そんなことはなく、油で重たくもない。そして中にひき肉と玉ねぎを炒めたものが入っています。アツアツ揚げたてなので、美味しさ倍増なんでしょうねー。

そして、メインと言っても過言ではないキノコ壺焼き。

キノコ壺焼きですが、別にキノコが入っているわけではなく、シチューをパイ皮で包んで、そのままオーブンで焼いてあります。食べる時は、上のパイ皮を潰して、中のシチューに浸しながら食べます。

これはもう最高に美味しかった!

器ごとオーブンに入るので、器をさわると火傷するくらい熱いので注意ですが、最初のサクサクのパイ生地も、シチューに浸ってトロッとなったパイ生地もどっちも美味しいです。
ランチメニューには、これが入っていないのですが、是非、単品ででも頼んでもらいたい!

そして最後に、これは追加で頼んだロシアンティー。

紅茶の中にジャムが入っています。入っていたのは、イチゴジャムかな?

やはりロシア料理というと、身体が温まるものが多いですね。

これからの季節にはちょっと合わないかもしれませんが、冬になったらまた行ってみたいと思います。