最近のゲーム事情を考えてみる

最近のゲーム事情を考えてみる

何回かゲームの話題を書いてきたけど,自分はゲーム好きな方だ.子供の頃,ファミコンが欲しくて欲しくてやっと買ってもらった時から,同年代の人が考える人並み以上くらいにはゲームしていると思う.一時期は人生がダメになりそうなくらい某オンラインゲームにハマったこともあったし,某シュミレーションゲームのプレイ動画を某動画サイトにアップロードしていたこともあった.最近はさすがに時間があまりなくて,お手軽な携帯ゲームをチョロっとやるくらいだったのだけど,この携帯ゲームの仕組みからちょっと考えてしまったので書いておく.

携帯ゲーム,というか今回話題にするのはソーシャルゲームなのだけど,課金の仕組みには色々ある.一番よくあるのは,一定の体力のようなものがあって,その体力を使ってゲームができる.体力は時間回復で,続けてゲームしたかったら課金して体力を買ってね,というもの.これは遊びたかったらお金払ってね,という至極まっとうな仕組みだと思う.次にあるのはゲームを有利に進めるためのアイテムを買うというもの.持てる荷物枠の拡張だったり,使うと経験値が1.5倍になるアイテムだったりする.ゲームを進める上で必須ではないので,不便さを我慢できる人は別に買わなくてもいい.逆に買ってもいいかな,くらいに遊んでいる人だったら買ってみてもいい.

で,今回考えてしまったのは,もう一つの課金の仕組み,いわゆるガチャというやつだ.ゲーム内の通貨を使ってレアなアイテムやキャラを目当てにクジを引く.運がいいとレアが引ける.が,大抵の場合はハズレがくる.ゲーム内通貨はゲームの中でも少しずつ貯めることができるのだけど,もっとガチャしたかったら,課金してこの通貨を買う.少し前にガチャに数十万使って,でも欲しいアイテムがでない,というのがニュースになっていたけど,数十万はともかくとして,平気で数万を費やす人が多いことに,かなり衝撃を受けた.レアが引けたとしてもそれはゲーム内のただのアイテムなのに.そのゲームに飽きてしまったり,ゲーム会社がサービスを停止したら,一瞬にして何も残らないただのデータなのに.

別にゲーム内でレアアイテムやキャラをゲットするのに情熱を費やすことを否定しているわけではない.それがゲームの楽しみの一つだと思う.またゲーム自体にお金を払うのも,当然だと思う.プレイして遊んでいるのだから,サービスに見合った金額は払うべきだ.しかしこのガチャという仕組みは,ゲームプレイにお金を払っているわけではなく,アイテムをゲットするのに費やす労力を買っているのだ.

 

と思っていた.

しかし自分もガチャゲーをやってみて,課金こそしなかったのだが,どうもちょっと違う要素もあるのでは,と思うようになってきた.ガチャをまわす人の中には,アイテムが欲しいのはもちろんなのだけど,ガチャをしてアタリを引くこと自体が楽しい,という人が結構いるような気がする.この微妙な違いを説明するのが難しいのだけど,先日,某動画を流していたら配信主の人がぴったりの表現を使っていた.曰く,「人というのはギャンブルが好きなのだ.そこに「アタリ」とだけ書かれているガチャがあったとしても,その「アタリ」を求めてガチャをまわす人が一定数いる.」 あーなるほど,と思った.ゲットできるアイテムは別に何でもよくて,ガチャをまわす,クジを引く,という行為自体が楽しいのだ.ソーシャルゲームの仕組みを開発した人が,このあたりの人間心理をどのくらい考慮していたのかは不明だが,こうして考えてみるとよく出来た,よく出来過ぎて詐欺と紙一重のビジネスモデルだと思う.

そしてこの仕組みがこれほどまでに広がった要因のもう一つに,今までのゲームにないお手軽さ,がある.これはプレイする人にとっても,開発する人にとっても,だ.

プレイする人の側からすると,PSとかXBOXとかの据え置き型ゲーム機をプレイしようとすると,テレビの前に座る,ゲーム機の電源を入れる,コントローラーをもってプレイする,という順序になる.この手順がもう面倒くさいのだ.携帯ゲームだったら,5分時間があったら,いつも使っている携帯を取り出してTwitterやFacebookを眺めるのと同じ感覚でゲームができる.グラフィックが綺麗とか,ボスを倒すのに30分集中してやっと倒せるとか,そういうゲームではなくて「暇つぶし」感覚でプレイできるゲームを求めている.そうでない人も少なからずいるのだろうけど,少数派なのだろう.

開発側からすると,今までのいわゆる大作ゲームの言われたもの,FFとかドラクエとか,その開発費に比べていったいどのくらいのコストカットができているのか想像もつかない.しかも据え置きゲームは一度売れば高くても数千円,それで終わりなのだが,ガチャゲーであれば,ガチャの内容を変えるだけで数万,数十万と課金する人がいる.アップデートのコストはもちろんあるけども,まったく新規のゲームを開発するのに比べれば,微々たるもののような気がする.まともにゲームを開発するのも馬鹿らしくなってしまうのではないだろうか.

 

最近,ずっとシリーズでプレイしているゲームの新作が発売されて,ワクワクしながら買ったのだけど,イマイチの出来だった.どう考えても昔のシリーズの方が完成度が高い.で,よくよく情報を集めてみたら,アップデート配信でバランスを変えたりバグを治したりする予定らしい.今はもう,売り切りのゲームでも完成品を出さなくてもよくなったのだな,と思った.バグが治るのは結構なのだけど,売り切りのゲームのアップデートはあくまでもバグフィックスであるべきなんじゃないだろうか.

ということでダラダラと書いてきたけど,だからどうする,という訳ではない.ただ面白いゲームがプレイしたいな,と思う.