イスタンブール紀行(1)

こちらのブログでは触れていませんでしたが,イスタンブールへ行っていました.2週間!
とは言っても,またもやフル観光ではなく・・・学校からサマースクールという形で行っていますので,それほど街を見る時間は無かったのですが,現地の学生チューターさん達が本当に親切で,限られた時間の中で色々と連れて行ってくれました.

もう帰国して10日ほど経ってるんですが,忘れない内に書き記しておこうと思います.

写真もいっぱい撮りましたよー!

サマースクール全体の写真係も仰せつかっていたのもありますが,一日に500枚近く撮ってました.デジカメ万歳です.今回のお供カメラは,メインはいつものSONY α7s.レンズが新顔でSEL24240です.海外へ行くにあたり,このレンズは本当正解でした.ワイドからズームまで一本でいけるってのがデカかった!あとサブでRICOH GRとiPhone6Plusです.

まず今回は,日本からイスタンブールまでと,かなりざっくりしたイスタンブールの街並み写真を載せていこうかな,と思います.見どころの多い旧市街はまた別記事で.

 

DSC03101-1

今回利用したのは大韓航空.で,ソウル乗り換え・・・
MARSが猛威を奮うこの時期にソウルに降り立つのは出来たら避けたいところでしたが・・・色んな大人の事情が重なって,この便になったのだと思います.

IMG_0765-1 IMG_0761-1

日本からソウルまでの間の機内食.朝発の便だったので,スナックと朝ごはん.普通でした!

 
IMG_0767-1 IMG_0769-1
 
IMG_0770-1
 
こちらはソウルからイスタンブールまでに機内食.9時間という長さだったので,食事の間に1回軽食がでました.大韓航空らしくビビンバも選べて,しかも結構美味しかったという話だったのですが,この時はチキンサラダを選んでしまい無念です・・・

 
で,日本からソウルまで1時間半.トランジットで2時間.ソウルからイスタンブールまで9時間.合計約13時間ほどかけてイスタンブール到着です.

DSC03136-1

空港からドミトリーのある大学までバスで迎えに来てくれたのですが,その車中からの風景.

よく海外の街って旧市街と新市街に分かれてますが,イスタンブールも同様です.これは・・・多分新市街かな?

イスタンブール,というか,トルコって国は,ヨーロッパとアジアと中東の本当に境目にあります.特にイスタンブールは市内を海峡で分けられて,一方がアジア,一方がヨーロッパ,と本当に境目になっています.

DSC04057-1

これがヨーロッパとアジアを繋ぐ橋.ボスポラス橋・・・だと思います.ヨーロッパとアジアを繋ぐ橋はもう一本,ファーティフ・スルタン・メフメト橋が5キロほど離れてあります.ので,もしかしたらそっちかもしれない!橋の向こうに見えるのが,アジア側.

滞在していたのがヨーロッパ側だったので,今になって見返してみると,望遠でアジア側を撮った写真ばっかり・・・!

DSC03605-1

DSC03674-1

建物は,ヨーロッパのようなアジアのような中東のような・・・本当に少しずつ混じっているようで,文化の交流点なんだな,ってのがよく分かります.

そもそもですね,イスタンブールの歴史を学ぼうと思ったら,ローマ帝国に始まり,ビサンティン,オスマン帝国と世界史に出てくる主要な帝国の歴史を学ぶことになります.それだけ長い間,歴史を支配していた帝国の首都だったんですよね.そりゃ文化も入り混じるよ・・・ていう.もうコンスタンティノープルがイスタンブールだった,という事実に最近気がついた日本史選択のワタクシとしては,ただただ表面上の文化を眺めるだけでした・・・(いやでも,ちょっと勉強しようかと思います.このあたり手っ取り早く学べるゲームでもあればいいんですが・・・ノブヤボの世界版的な)

そんな訳で1日目は移動で終了です.