[BOOK] 海街ダイアリー

海街diary 1 蝉時雨のやむ頃
吉田 秋生
小学館
売り上げランキング: 492


 
漫画なんですが,知人に激しくオススメされたので読んでみました.
 
最初読み始めて,1巻か2巻くらいまでは,
あーこれはちょっと合わないかも・・・?
と思いながら読んでいってたのですが,
3巻あたりから登場人物同士のからみが大きくなって,
どんどん惹きこまれてしまいました.
 
 
話は鎌倉が舞台.
 
両親が離婚し,父親も母親も家を出てしまい,
姉妹3人が古い家に住んでいます.
 
そこへ父親が亡くなったとの連絡が入り,
父親の葬式で出会った異母妹を引き取っての,
4姉妹での共同生活がメインのお話です.
 
上記からもわかるように登場人物が多いんですよね.
4姉妹と彼女たちそれぞれにからむ人たちが登場するので,
最初の1,2巻は本当にその人たちのキャラクター紹介を兼ねて,
という形でかなりゆったり話が流れてます.
 
ただ徐々にその登場人物たちがからみ合ってくるようになり・・・
もう理解力のないワタクシとしてはこの人は誰のお兄ちゃん・・・?
みたいな.
2回目読んでやっと理解した部分も多い.
 
 
でもそれぞれが魅力的でして.
一応,主人公は,末の妹,だと思うんですが,
姉妹全員スポットあたってますし,
全員違う立場で,それぞれの立場からの思いがあったり.
 
親戚のおじちゃんおばちゃんも,
もう俗っぽい人もいれば,いい人もいて.
人の生死とそれにからむお金と・・・と,
決して綺麗ごとだけじゃないんだけど,
でも悪い人ばっかりでもないよ,という.
 
すっきり爽快の読後ではないんですが,
ああそうだよねえ・・・としみじみできるようなお話です.
 
 
あと鎌倉の街は観光で一度行ったことがあるだけなんですが,
すごくいい街に描かれてます.
古きよき日本の残る街,というか.
読んでると,ここに住んでみたい,と思います.
少なくとも,もう一度,ゆっくり観光には絶対に行きたい!
 
もうじき映画?になるらしいです.
映画は見るか微妙ですが・・・
本はオススメ!