建築探偵の冒険

 
 

建築探偵の冒険〈東京篇〉 (ちくま文庫)
藤森 照信
筑摩書房
売り上げランキング: 82,860

 
ちょっと古い本ですが・・・有名だと思います。
藤森照信さんが東京の近代建築を探し歩いた様子を綴った本。
まるで小説のようですごく読みやすいです。
 
見ず知らずの建築を”偵察”し”探偵”するにあたっての心得から始まり、その際の格好、行動の仕方まで、解説されています。
 
藤森さんは、この”探偵”業が本業?になって論文まで書かれ、学会で発表し物議を醸しだしたりされています。また、学会ぐるみで日本全国の近代建築を探し歩き、それが「日本近代建築総覧」として纏められています。ちょうど図書館にあったのでパラリと中を覗きましたが、東京駅をはじめとする超有名建築から、下町の床屋さんまで、本当に幅広く調査されています。
 
この本は、その中からいくつかをピックアップし、藤森さん流の文章で読みやすく纏められています。今となっては残っていない建物が多いようですが、実際に見てみたい!という気になります。
というか、建築探偵団を自分でも設立したくなります。
誰か一緒にやりませんか?(笑)